ろんたんDIARY

ろんたんの日常を カキカキしていきまぁす♪

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 現在のろんたんBLOGTOP » 闘病記 » TITLE … 現在のろんたん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在のろんたん

ここに 今のろんたんのコトを書くかどぅか悩みましたが、

今現在の ろんたんについて 書こうと思います。

今 ろんたんは 扁平上皮癌 という病気に選ばれてしまいました。。。

皮膚の破壊性があり とてもやっかいな病気に選ばれてしまぃ
ろんたん自身も、かなり精神的にやられてしまっているみたい><

おかしいなと思い始めたのは、4月30日くらいだったかな、

ろんたんの、お口の毛をカットした際に微妙に鼻が斜めだなと思い近くの病院へ行きました。
この段階では、まだいろんな可能性があり、一週間様子をみようとのことでした。

一週間がきて再度病院へ、この時 お鼻ゎ微妙から確信に ぱっとみても分かるように



さらに一週間が経ち、かなり鼻が変形すると共に歯茎がふくれてくる。。。
ようやく、半日入院をし 細胞摂取をし検査に出すことに


下の写真が病院に行って、少したったくらいの写真です。(クリックするとかなり大きくなります。苦手な人ゎクリックしないでね
200905152.jpg
携帯写真なので画像ゎ荒いですが・・・
20090515.jpg

結果は上に書いたような結果になりました。
20090522.jpg

結果を待つ間にも一週間が経ってしまったので 腫瘍は大きくなるばかり
鼻の横に腫瘍が少し出てきて、歯茎の方もふくれてきて 下の歯があたるよぅになり
出血するようになりました。
2009052202.jpg
この辺りになると 右側の穴はふさがりつつあります。
ドライフードが食べずらくなり、くだいて缶のゴハンとまぜてあげてみたりと
いろいろ試してみる。 それと同時に 抗がん剤治療を開始。

すごく悩みました。高齢ってのもあり そして 助かる見込みもなく
ただただ辛い思いをさせてしまうのでゎないかと、

抗がん剤の副作用など心配だけど 治療をするか 家でそっとさせてあげるかを、

命にかかわる 大切な選択をせまられ
まだ このころ どうなってくかも想像できず、経験もしたことないのに分からないと悩み
結局、1回試してみて副作用の様子をみて 今後考えますと先生に伝えました。

1回抗がん剤を試して、副作用もなく むしろ 少しゲンキになって戻ってきました。

でも、ワンコって基本 鼻呼吸でしょ・・・、だから 鼻で息がしずらくなってからは
口で息もするよぅになったんだけど、 やっぱし寝てしまうと口が閉じてしまって
息が止まってしまうの>< 数秒後、苦しくなって起き上がる。。。
それの繰り返しで、まともに寝れなくなった。

それが 1番 精神にきてて だんだんとゴハンを食べなくなり、
数日経つと、まったく食べず 水のみになってしまいました。

その数日を一緒に過ごしてきて、いろんな事を考えてました。
どうすればいいのか、何が1番いいのかを、
でも 結局は 何をどうやっても 後悔は絶対してしまうもの ならば・・・
もう 抗がん剤治療をやめて、 ろんたんのペースで 少しでも不安を減らし
ゆっくりさせてやる方がいいのかなぁと、 もう がんばらせたくなかったんです。。。
病院へいって 検査やら注射やら ろんたんにとってゎ苦痛なだけ。。。
それならば 抗がん剤治療をやめた方がいいなと思いはじめていました。

この頃に、うちのコーポの下の階の人とろんたんとの出会いがありました。
その人は、動物の看護士さんでトリマーさんでもありました 
そして 全国からの病気をもつペットや迷子ちゃん いろんな相談を電話でうけてる人でもありました
まさに 今 私とろんたんの状態をも相談してくれるよぅな 人でもありました。
まったく ろんたんがこうなってる事も知らず まったく違う理由で私の家へきて
偶然にも ろんたんを見て そして 心強い言葉をくれ すくいあげられた感覚でした。

そんな出会いもしつつ 相談にのってもらい 2回目からの抗がん剤治療をやめました。

抗がん剤治療をやめてからも、これがいいと聞けば試してみたりと
その人に相談しつつも 毎日がすぎていきました。

でも 1回目の抗がん剤も副作用もないけど 効き目もない><
どんどん 腫瘍は大きくなっていきました。
20090609.jpg200906092.jpg200906093.jpg

そして、1ヶ月が経とうとしている時に 首の両方のリンパが腫れ上がり 液がにじみ出てました><
20090616.jpg
液で手足の毛 耳の毛がガチガチになってしまい 下の階の人に カットしてもらぃ
汚れないためにソックスを

コノ頃、体重は8キロあった体重が6.4キロに・・・
ゴハンも食べずで サプリメントをシリンジでのませるなどしていました。

でも それじゃ ダメだと感じて・・・もっと早くしてればいかったのですが><
指に少しゴハンをとり 上顎になしりつけるようにして あげるよぅに
それでも 体重はかなりへってしまったので フラフラで少しの距離が歩けなくなる
ブルブルっとしただけでも 勢いで倒れてしまう。。

そして、片方のリンパがとうとう破裂><
もう病院には連れて行きたくなかったけど 感染症などコワイので即病院へ
消毒をしてもらいました。
その次の日(6/18)もう片方のリンパが破裂。。。

それと同時に、ずっとずっと ろんたんの前で泣かないって決めて我慢してたこと、
ずっと苦しくて眠れてないろんたんを傍で何もできず、
ただただ見てることしかできない自分の情けなさ
鼻のところにできた腫瘍で苦しむであろうと思っていたのに なぜリンパなのか
納得がいかない なんでなんでと自問自答して 心までも破裂><

泣きながら 前にずっとお世話になっていた病院へ電話をして 納得できないんです!って
今思えば、恥ずかしいですが 今までの事情を話し、もりやま犬と猫の病院へ行くことに
皮膚がよくなってからは 近くの病院へうつって 久々に もりやま犬と猫の病院へいって
知っている先生達、看護士さん達の顔を見ただけで 気持ちがおちつきました。

そして リンパのところも キレイにしてもらい 丁寧に説明をしてもらいました。
鼻の奥にできた腫瘍が 弱いところを通って押し寄せ 出てきたところが
破裂したところ。リンパと共にでてきてしまったとのことでした。

1cmくらい穴が2つあいていて ずっと膿やら腫瘍細胞が垂れ流しになってしまってる状態
その後 さらに倍以上に 今の皮膚の状態がかわってるところ全部が あいてしまうこと
片方は10cmくらい皮膚がかわっている。。。
さらに そうなってしまうのは 数日後だそうです。

そうなってしまうと もぅ・・・という状態です。

そして、病院へ行って2日目 大きく皮膚がかわってるところの半分亀裂が
夜中に痛かったのか すぐにおさまったけど 少しだけキャンキャンと泣いてました><

でも なぜか 病院から帰った日から 食欲がふえ 自分から全部ゴハンを食べるようになりました。
動物は、死んでしまう間際 元気な姿を見せてくれることがあり、
そうでなければいいなと思いつつ 今があります。

今 首からは やっぱり ずっと膿やらしるやらでていて
赤ちゃんの新生児用のオムツをしています。
そんな姿になってしまいましたが 今日の(6/20)の写真を、
20090620.jpg
200906202.jpg

なぜ 今頃、ブログに書こうとしたのか自分でも分からないのですが^^;
ろんたんの命のろうそくが消えてしまう その瞬間まで 大切に大切に
一緒に見守りつつ 今まで一緒に過ごし いろんな事を教えてくれたことを感謝しつつ
その時がくるまで 一緒にいようと思います。

ろんたんへ挨拶等 お見舞いにも来てくださる方々 ありがとうございます^^
アンディママちゃまからも、お守りやグッズ お手紙も頂きました。
日々 ありがたいと感謝でいっぱいです。

そんな ろんたんは 幸せ者なんだなと思います(*´∇`*)




スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。